JKリフレ,添い寝リフレ,派遣リフレ等の体験談の投稿サイトです。ベータ版。投稿募集しています。

回転コース15分でリフレ嬢と仲良くなり後日ホテルに連れ込むやり手なお客さんの話

2017/10/23 2017/10/23
リフレ嬢ホテル

寄稿していただいた記事です。ありがとうございます。
(概要を書いてもらい話を伺ってから管理人がライターとして一部書かせていただきました。)



回転コースで数人選んだ内の1人の女の子と仲良くなった時の話を書かせていただきたいと思います。

一部過激めな内容も含みますが、いつもこういった遊び方をしているわけではなく普通にリフレ店を使用しています笑

出会い:リフレ回転コース

少し前の話ですが、初回の出会いの時から書いていきます。

私はリフレ店を利用するときは、お気に入りの女の子がいるときはその子に長時間入ることもあるのですが、それ以外の場合は回転コースで2〜3人指名して利用することが多いのでこの日も回転コースで利用していました。

1人目に来た女の子が今回の子でリフレ歴は半年と少しという大学生の女の子でした。
大学生活の話や接客の話、趣味の話などしていたところなかなか盛り上がり15分があっという間だったため、ダメ元で一応LINEの交換が可能か聞いてみたところ軽いノリで「全然いいよー」と教えてもらえたので、なんと初回の15分のみでLINEをゲット…!

邦楽ロックが好きという女の子で私も邦楽ロックはそこまで詳しくはないのですがわりとよく聴いていて会話も盛り上がったのでそれが良かったのかもしれません。

その日にお礼のメッセージを送信して返事も無事に来たので、そのまま1日数通のやりとりをするようになりました。

それからも割と楽しくLINEのやりとりも進んでいて、リフレ以外のバイトもしていないため暇な時間もあるようなので、飲みの誘いをしてみたところオッケーをもらえたので飲みに行くことになりました。

初回デート:居酒屋→カラオケ

渋谷で飲むことになったので、駅で待ち合わせ。
初回にリフレに行ってから10日ほどが経っていたと思います。

時間を少し過ぎてからその子がやってきました。
服装はきれいな今風の大学生という感じで、リフレ店内で会った時とはやはり大分雰囲気が違っていて不思議な感じがしましたが可愛かったです。

そのまま一緒に歩き居酒屋へ。

飲みの時間はかなり楽しく盛り上がったのですが、話の内容は大半がリフレ界隈の話でした笑

接客の話や他のお客さんの話といったことから、いろんなリフレ店の話やリフレ界隈で有名なお客さんの話など話題がつきませんでした…笑

楽しくお互い3、4杯飲んでからカラオケに移動しました。

といってもイチャイチャして過ごしていたわけでなく、健全に邦ロックの曲など歌って過ごしました笑
アジカンのリライトなど歌い盛り上がりました。

一度隣に座ったときにキスしようとしてみたんですが、「そういうのは違うから笑」と拒否されてしまいました…笑

そんな感じでキスを拒否されたこともあって特にその後は特に誘わず、また遊ぼうという軽い口約束だけして23時過ぎに解散しました。
私はかなり楽しい時間を過ごせて、女の子も楽しかったと言ってくれたのが嬉しかったです。

ただキスしようと試みたことがちょっと失敗だったかなとやはり気がかりでした。

2回目デート:カラオケ→ホテル

ホテル街

前回から3週間後。

それからも何度か誘ってみていたのですが最近忙しいからと断られていたのでもう会ってくれないかなとも思っていたんですが、諦めず連絡取り続けて誘ってみたところオッケーをもらえました。

今度は初めからカラオケへ。3時間歌い放題飲み放題で入りました。

といっても今回もエロもイチャイチャもなしでまったり飲んでまったり歌ってって感じで過ごしました笑
途中オプション入れてでも少しイチャつきたいような気分にも襲われましたが、女の子の歌を聴くのもとても楽しかったですし前回キスを拒否されて若干雰囲気悪くなったこともあったので我慢して健全に楽しんでいました…笑

そんな感じで健全に3時間いっぱいカラオケを楽しみました。

それから店から出た後ラブホ街方面に一緒に歩いて行こうとしたのですが、「そっちには行かないよ笑」って感じで抵抗…!

ただその女の子はクリープハイプが大好きでカラオケでもクリープハイプを歌っていたため、彼女が歌っていた「ラブホテル」という曲の「何もしないから少し休もうか」という歌詞を引用して誘ってみたところ、笑ってくれていい雰囲気になり、ホテルに入ることになんとか成功しました…!笑


それからは2人で少し休みました。しかし何もしないからということはなく、若干またグダられつつも最後までイチャついてから一緒に寝て、朝起きてからもう1回イチャついてといった感じで過ごしました笑

それからベッドでまただらだらと会話してゆっくり準備してから、駅まで手を繫いで歩いて改札で手を振って解散しました。